ナビゲーションのスキップ

レーザーエンコーダを使用する理由

レニショーでは、お客様各社にとってレーザーエンコーダシステムの購入が複雑な工程であることを認識しています。本ページでは、システムのメカニズム、使用する理由、利点について順を追って説明します。

背景

レニショーは、HS10 長距離レーザーエンコーダ(60m までの範囲)を発売した 1994 年から産業界にレーザーによるフィードバックソリューションを提供しています。以来、これらのソリューションは航空機、船舶、その他の特殊アプリケーション用の大型工作機械に広く採用されるようになっています。2012 年には、HS10 を HS20 長距離レーザーにアップグレードしました。下位互換性を備えた HS20 は、光学部品とエレクトロニクスの設計が改善され、性能が強化されています。

2001 年に発売された RLE レーザーエンコーダシリーズは、短距離フィードバックに対応します(4m まで)。RLE は、特許を取得した独自の「リモート」なレーザー光源である光ファイバー接続ヘッドを使用しており、場所を取らずに、簡単な取り付けとセットアップで高度な計測を実現します。このシステムは、各種の光学構成とアプリケーションに合わせて複数の構成を用意しています。

RLE システムは、世界中の多くの半導体製造機に加え、その他各種の短距離アプリケーションにも利用され、以前では搭載できなかったようなアプリケーションでも、干渉計のメリットを活かした機能と能力を活用できるようになっています。

様々な計測アプリケーションのニーズを満たせるように、RLE と HS20 システムの両方に、環境補正システム、光学部品、信号インターフェースの豊富なアクセサリーを用意しています。