ナビゲーションのスキップ

レニショーのニュース

会社およびレニショー製品に関する最新のニュース。 

  • PAL Robotics 社が磁気式エンコーダを ロボットに搭載してバランス制御の課題を克服

    REEM-C with AksIM and Orbis rotary encoders integrated into the elbow and wrist joints ロボットが仕事の効率を向上させたり、空港で荷物を運んでくれたり、高齢者向けの住居介護サービスを提供してくれたりするような世界を想像してみてください。PAL Robotics 社は様々な用途向けの最先端の人型ロボットとサービスロボットの設計・製造を行っています。レニショーの磁気式エンコーダにより人間のような歩行を実現した PAL Robotics 社の REEM-C 二足歩行ロボットのケーススタディをご紹介しています。

  • 超高精度モーションコントロールの鍵となるエンコーダ

    RLE installation and alignment モーションコントロールの技と科学を追求し続ける Aerotech 社。同社の医療用ステージを、レニショー製多目的高精度レーザー干渉計エンコーダが支えています。

  • レニショーが CNC 研削盤向けプローブ計測システムの機能拡張版を発売

    MP250 strain gauge probing system used on grinding machines 世界トップレベルのエンジニアリング企業であるレニショーは、研削盤向け MP250 ストレインゲージプローブ計測システムの次世代型を GrindTec 2018(3 月 14 日~17 日、ドイツ開催。第 8 ホールの 8101 スタンド)にて発表します。

  • 役員人事変更のお知らせ

    William Lee, Chief Executive グローバルにビジネスを展開する精密計測機器および医療機器メーカーの Renishaw plc は、役員人事の変更を発表いたします。David McMurtry はこのたび、最高経営責任者としての役割を委譲する決断をいたしました。David McMurtry および取締役会は、2018 年 2 月 1 日から William Lee が最高経営責任者に就任することを発表いたします。なお、David McMurtry は、今後もレニショーグループの発展と製品戦略についての責任を担う会長としての役割を継続いたします。

  • 航空機用インペラメーカーの製造時間短縮にレニショーが貢献

    © Getty Images: Aeroplane turbine 世界的な消費者/事業者製品のエンジニアリング複合企業 Honeywell 社の傘下にある Honeywell Aerospace 社は、民間航空機で使われるインペラやブリスクを大量に製造しています。事実上の遠心コンプレッサや軸流コンプレッサと言えるインペラの品質は、加工工程を通して維持されるワークのデータムに左右されます。

最新ニュースへの登録

 

メディア関連の連絡先

クリスポケット
(コミュニケーション部長)
Tel: +44 1453 524133

カテゴリ別のニュース